漫画でインナーチャイルドを癒し、自己肯定感あげる

漫画でインナーチャイルドを癒し自己肯定感をあげる♪

みかりんイラスト

『普通の家庭で育ったのに人間関係がうまくいかないあなたのお悩み喫茶』

こじれた関係を結び直す カウンセラーみかりんです。

心の現状把握が、修復へのスタート

「自分を好きになれないよ〜」と思う方へ

自己肯定感を育てながら&インナーチャイルドを癒せる可愛い漫画をご紹介します♪

「自分を好きになりたい〜自己肯定感を上げるためにやってみたこと〜わたなべぽんさん著

こちらは漫画だから読みやすい♪ 自己肯定感を上げたいとお悩みも方に特にお薦めです。

内容は…

幼少期のこわ〜いお母さんとの親子関係から自己肯定感が低くなり、自分を好きになれなかった著者ぽんさん自分を好きになるまで試した経験の数々が描かれてます✨ 

幼少期の親との関係=あなたの人間関係

幼少期の親との関係から「人間関係のパターン」が出来ていることが多いです

つらい経験にフタをして、なかった事としてがんばる私たち。それゆえ「何事も防衛する術」を身につけてしまいます。なんでもない事にもつい戦いモードになったり または 人を極端に怖がったり…。でもフタをしたからこそ乗り越えられたのも事実。そんな自分に「おつかれさま、 よくがんばったね」と、まず言ってあげましょう。

つらい過去は痛いから向き合うことに勇気がいります。心が元気な時、そっとフタを開けてみましょう。

この漫画は、一人で向き合うコツがつかめると思います♡

お母さん、こわい!八つ当たりやめて〜

心の古傷に向き合うメリット

親との関係「普通に良かったです」と仰る心の痛みを自覚しない忍耐強い人の方が、心の傷も深く、対人関係でもトラブルが出やすいのです…^^;

実はそれほどしんどくて、向き合わずに来てしまったからですね。

↓ 【心の古傷に向き合うメリット】こちらも参考になるかもです ↓

自己肯定感が低い人リスト

・ 店員さんに声を掛けられない

・ 質のいいものより、ブランドが好き(物で自分の価値をカバー)

・ 服装が極端

  (何もしないボサボサヨレヨレか、決め決めコーデなど)

・ 美容院に行っても綺麗な有名人の切り抜きを出せない

  (ヘアカタログで今決めた風に)

・ 楽しそうな人を見ると羨ましい

  (内心バカにしたくまる)

・ 好きな俳優を「顔が好き」と言えず 

  「演技が上手だし…」など言い訳してしまう

・ みんなで割り勘すると端数を多く払ってしまい、

  分ける時も小さいものを選ぶ

・ 失敗が怖く、本気を出せない

・ 食べ方に問題がある

  (食べ過ぎ・食べな過ぎ・お金をかけ過ぎなど)

・ 気を許した恋人や友達には、

  なんでも共有して欲しがる(重い)

「ごめんなさい」が口癖

「沈黙が怖い」から

  ペラペラ喋って疲れちゃう

・ つい、いい人になろうとしてしまう

・ つまらないことに、イチャモンつけたくなる

  (ツッコミだと思っている)

・ 褒められると全力で否定しちゃう

・ 人の意見に振り回される

  (みんなにいい顔してしまう)

・ いつも言い訳してしまう(お金ない、時間ないなど)

・ 意外と自慢話が好き(笑)

・ 人から相談されると嬉しい

  (アドバイスしたがる)

・ 先延ばし癖がある

・ ギャンブルやゲームの

  ドキドキ感が好き

・ 時々、人間関係リセットしたくなる

・ 持っている下着の数が少ない(笑)

・ 鏡の前に並ぶと引け目かんじる

・ 実は完璧主義

  (完璧に出来ないなら、やりたくない)

・ いっそダメな人として生きた方が楽

・ 指摘されたら落ち込む

   

いくつ当てはまったかな❓私は…けっっっこう当てはまりました(*≧∀≦*)

自分が自分の優しい親になる

自己肯定感が低いから「どうせ自分なんて」と欲求をなかったことにしてきました。

酸っぱいブドウのように、「こんな酸っぱいもの欲しくないし〜」と強がってきました

でも本当は欲しかったし、言いたかった。

それは「怒り」に形に変えて現れる場合が多いです。

その怒りの中に「「叶えたかったこと」などが隠れているのです。

自分の親になったつもりで、一つずつ叶えてあげることができますよね!

子供の頃、諦めたことをやる

子供の頃できなかったこと、今でも劣等感かんじませんか?

著者ぽんさんは小学生の頃の「逆上がり」「歯磨きカレンダー」「親子体操」を挙げてますが、

中でも親子体操は泣けました。日頃からお母さんに叩かれていたから、そんな時に急にお母さんの手を握るなんて恐れ多くて出来なかったのです( ; ; )子供心はとっても繊細です。

夏休みの宿題や歯磨きカレンダーの提出は、ぽんさんがダメな子だったからではなく、

親のサポートがなきゃ出来いものだったんですね。そこで劣等感や自己否定が大きくなってしまうカラクリだったのですね。

子供の頃して欲しかったこと、やってみる。

ぽんさんはドキュメンタリーで見た「80歳で高校生になったおばあちゃん」から勇気をもらったようです。

戦後、言い出せなかった夢、「今なら時間もお金もある、元気なうちチャレンジしたい」と遠い昔に断念した夢を自分で叶える姿に感動し、諦めたことを思い出したそうです。

お母さんはぽんさんが色気付くことを嫌がり、男みたいな服を着せました。でも本当は、可愛い服を着たかった…とか 

文房具も自分で選びたかった…とか、実はピアノを習いたかった…などを思い出すのです。

もちろん今から叶えたらいいのですね♡

そこで昔すごく劣等感を感じていたた「逆上がり」にも挑戦することにします

優しい旦那さんに伝えると、なんと旦那さまも逆上がりが出来なかったのだと❣️

それから夜の公園で夫婦で特訓を始めます。成功するシーンもうるっとしました。

そうやって諦めてきたことを、今から自分に叶えさせてあげる、それはまるごと自分を肯定することにもなりますよね♪

育て〜〜♪♪♪

褒め言葉を信じてみる

「褒め言葉」を受け取れない人は、「愛情」や「善意」も受け取り拒否してしまうもの。

なのに私たちは「褒めてもらえなかった」といつまでも根に持ってしまいます。

そんな人は実はプライド高く、 超・怖がりで、 自意識過剰なんですね💦

褒め言葉を真に受けるのなんて恥ずかしいと、どこまでもめんどくさい自分。

褒め言葉、信じてみると何かが変わるかも✨

いつからでも変われる。

心の現状把握ができると、チェレンジすることが明確になり、変われますね✨ 

自己肯定感が低いから、自己防衛で言い訳して、受け取れないから文句ばかり言いたくなっていた。

素直に人を愛せないくせに、愛されることばかり望んでいた。

どう扱われるかばかりを見張っていたのは、自分の価値を信じていなかったから。

自分まで自分に粗末な扱いするのをやめて、今から望みを叶えてあげたいですね❣️

自分を幸せにできるのは自分しか居ないから✨

許せない人がいても、しあわせになっていい

ぽんさんもまだ、お母さんを許せずにいます。

まだ許せない人がい、それはそれでいいと思います(*^^*)

すべての人を許せたら幸せだけど、できない自分でもいいではないですか?

許せない人がいる自分のまま、幸せになっていいと思います。

癒されたい気分の日に なんども読み返したいおすすめ漫画です✨

「自分を好きになりたい〜自己肯定感を上げるためにやってみたこと〜」わたなべぽんさん著

ということで、ご静聴ありがとうございました。

あなたの未来は、たくさんの導きと共にあります。

またね♡

AC お悩み喫茶 アダルトチルドレン アドラー心理学 インナーチャイルド インナーチャイルドカード エネルギー キライな人 グループカウンセリング バウンダリー メンヘラ好き 不倫 不安 会場アクセス 共依存 共依存恋愛 出会うタイミング 周波数 四季の香ローズガーデン 回避依存 境界線 夫婦関係修復 妻に無視される 嫌われる勇気 心のお茶会 恋愛依存 愛着障害 批判 振動数 母娘 波動 生きる意味 空白恐怖症 聖書 自分を好きになる 自己肯定感 親子共依存 量子力学 鏡の法則 離婚  魂の成長

この記事を書いた人

カウンセラーみかりん