「鏡の法則」は「量子」で説明できる⭐️対人関係修復♪

「鏡の法則」は「量子」で説明できる⭐️対人関係修復♪

みかりんイラスト

いらっしゃいませ。「お悩み相談オンライン喫茶」へようこそ☕️

カウンセラーみかりんです。

「好きにならなきゃ」と頑張っても、好きになれない相手がいる

私たちはそんなことで悩み続けるものです💦

でも「鏡の法則」と「苦手な相手」を使って

自分の発するエネルギーを知るだけで

どんどん改善の方向に向かっていくことができます。

では今日も、ゆっくりしていってね♡

対人関係で悩んでいる時「鏡の法則」という言葉は、因果応報みたいで慰めにならないものですよね。

苦手な人が自分の心を写す鏡だなんて。。。つらすぎます💦 苦手なもんは苦手じゃ〜!!

しかしそんな相手を好きにならなきゃいけない話ではなく、苦手なままで大丈夫です。

苦手と反応してしまう相手は、自分の発するエネルギーを知るために居てくれる存在です。

私たちが発するエネルギー次第で、人生はどんどんより良い方向に行きます。

但し、今どんなエネルギーを発しているのか認識できていないことには、私たちにとって良いエネルギーを探せません。

それを探す手立ては「鏡の法則」を使うことにあります。(結局、鏡か〜い 笑)

今日は村松大輔著「自分発振で願いをかなえる方法〜量子力学的生き方のすすめ」を使って、解説をしていきます。村松さんは自分の発するエネルギーを「自分発振」と表現されています。

では、行ってみましょう❣️

では 行ってみましょう!

「鏡の法則」を用いて私たちの発するエネルギーを知る

「鏡の法則」では「相手は自分の心のあり方を写した鏡」などと説明されていましたが、「鏡の法則」は量子力学の視点から見ると、とても理にかなっていることが解明されてきました。

量子力学で言い換えれば「自分発振」の仕方によって相手の行動が変わるし、相手の行動は「自分発振」の結果であると言うことです。

自分発振とは「意識や感情の波を飛ばすこと」です。

自分がどんな波を飛ばすかによって、その波を受け取った相手の行動も決まってきます。

「フォトン(光子)」と言う素粒子で出来ています。

例えば「できる!」と思っていると「できる!」というフォトンが飛んでいきます。どんな人が反応するかというと、同じように「できる!」という波を発振している人です。これを「共振」と呼びます。

「ダメだ」と思っている人は「できる!」という波には反応しません。なぜなら波が異なり「共振」しないからです。気づくことすらありません。

「自分発振」で願いをかなえる方法 村松大輔著

これこそが鏡の法則ですね!

私って何をやってもダメな私だ…💦(無意識に低〜い自己評価を発振…)

キミは何やってもダメだな〜!(後から、共振した評価が飛んできます)

私はダメな人だ」と自分を責めている時は、「できるね」とか「大丈夫よ」と思っている人は共振せずに、

「ホントにキミってダメだね」と思っている人が共振します。

だから「なんでそんなことしちゃったの?」などと責める人と共振し、出会うということになるのです。

それが鏡の法則です。

ますます落ち込み、そのような状況が続いてしまうということなのですね。

クレームや批判も発するエネルギー次第で解決

お客様からクレームをもらったり、人から批判されるのは出来れば避けたいですね。

そんな時も、鏡の法則を量子力学の視点から考えると、対応の仕方が見えてきませんか?

「批判がなくなるよう、うまく対応しなきゃ」と思うことは一見良さそうだけど、本質の部分では

「やだな〜、怒らせないよう言うこと聞いとかなきゃ」と発してしまうかもしれません。

それは「犠牲」「我慢」というフォトンを発振。

「イヤだな〜」という低いフォトンを発することになるので、また同じフォトンが現れます。

クレームを言うに至った想いや背景を想像し「理解♡」したとすると、お客様からも「それもそうですね♡」など理解が返ってくるのです。

簡単に言ってしまったけど、難しいですよね…私も出来るか自信ないです(笑)

私たちは「形だけ、言葉だけ、行動だけ」を変えて、寄り添ったつもりになるものです ^^;

それはただの「フリ」なので フォトンは変わってません💦 え〜ん(;_;)

感情の発振が、柔らかくなっていないとダメなのですね。

まだ相手に対してモヤモヤしてるなら、その自分のモヤモヤの感情にとことん寄り添って

自分の気持ちを理解してあげる方が先ですね(自己受容です。)

「どうしても好きになれない相手」とは自分の中の好きになれない部分を見せてくれる相手。

私たちは、自分の気持ちを分かっているようで、分かっていないものです。

自分の内面が発している思いよりも、自分を扱う他者の方が気になるものですよね。

しかし「どうしても好きになれない相手」というものが教えてくれています。

そこで「鏡の法則」が役立つのです。

例えば私の場合は「つらいのに強がってしまう素直ではない人」が苦手です。

この苦手な人とは、私自身が許していない自分ということになるのですね。

元々、強がりで弱音が吐けず、自分の弱さを認められないダメ人間でした。

だから過去の自分のような人を見ると、わかりすぎて…見たくない💦 モヤモヤしてしまうから苦手〜と感じるんですね。

過去の自分と仲直りできていないと言うことですね…^^;

「相手と自分」ではなく「自分と自分自身」と仲良くなることが最初にやるべきこと。

苦手な人と仲良くなるよりも、「自分自身」と仲良くなることが100万倍大事なんですね❣️

相手をなんとかしたいけど、なんとかする最短の方法が自分と向き合うことなのね!

苦手な相手は、「自己否定している部分」を見せてくる相手だからイヤなんです🤑

見たくない自分、認めたくない自分、隠している自分を まざまざと見せてくる相手。

そりゃあ、苦手と思ってしまうのは当然よね、でもその相手って人によって違うから困っちゃうのよね。

私たちが苦手だからといっても、私たちが苦手な人を大好きだと思う人だっているんです、なんかモヤるね〜💦

自分が苦手だとみんなも苦手だと思いがちだけど、それは違うんですね(;_;)

そこで自分との向き合い方を著書から引用させていただきます。

私は寝る前に、「その日にあった良かったこと」を思い出したり、

どんなちっぽけなこともいいから「いいことノート」書くようにオススメしていますが、

著書の中でも「自分褒め日記」や「おかげでノート」をオススメしています。

この「自分発振日記」はその名の通り、自分がどんな発振をしているのかを客観的に見直すための日記です。

書くタイミングは「他人からひどい扱いをされた!」「大変な思いをしている」「私ばかり攻撃される」と思った時です。

なぜなら、それはあなた自身のヘルツが低下しているタイミングだからです。

会社の上司や家族に攻撃的な言葉を投げかけられた時は、「自分と自分の関係」がその「攻撃的な波長」と同調しているものです。

厳しい言い方かもしれませんが、「私が私を攻撃する」という周波数が「上司からの攻撃」を誘発したとも言えます。

例えば休みたいのに自分の気持ちに「我慢」を強いたり、「無視」をしたりして、無理やり働いている。これはどれだけ頑張っているつもりでも、自分の生活や命を大切にしているとは言えません。

自分で自分を「どうでもいい」と思っているからです。

だから周りからは「どんなに頑張っていても、大切にする必要のない人」としてぞんざいに扱われます。

「こんなに働いて、自分ってバカだな」と思っていたら、周りからはバカにされます。

悲観することはありません。むしろ私はチャンスだと思っています。

「自分発振日記」では具体的に何を書けばいいのか、お伝えしていきましょう。

「4つのプロセス」で自分発振を書き出してみる。

「相手と自分の関係を書き出す」(人に対して自分はどうありたいか、そして相手は私自身をどのように扱っているのか)例えば、職場のAさんが、いつも私にばかり無茶な仕事を押し付ける。だけど、誰も私のことは評価してくれない、など。

「自分と自分の関係を書き出す」(自分は「私自身」をどのように扱っているのか。)例えば①で書いたことを参考に、自分が自分自身に対してそれと同じ扱いをしていないか。同じ周波数を自分に向けていないかを、なるべく具体的な内容で書き出していきます。本当は休みたいのに、「どうせ私がやるしかない」って諦めてたなぁ、自己犠牲していたな。

「自分に寄り添う」例えば 「私、よく頑張ったよね、休んだっていいじゃん! ここまでやれただけで十分えらいよ!」 自己受容ですね。

「相手に寄り添う」相手はその周波数をどうして自分に向けてしまったのか、その背景をできる限り想像して書いてみましょう。「正しいかどうか」は気にせず、その中で自分が一番共感できるもの、最後に必ず「それはわかるよ」と一文添えて相手を受け入れます。

自分発振」で願いをかなえる方法 村松大輔著

この中でも一番やった方がいいと思うのは③ですよ♪

そこにいっぱ〜い時間をかけてね。

④は無理しなくていいのよ。いつか出来たら…くらいで、今は忘れてもいいからね。

③の自己受容を、いっぱいいっぱいやってね

あなたはいつでも頑張っているよ!(自分でも百万回は言ってね笑)

いかがでしたか?

私も同じことを伝えているけれど、④は言わないことが多いです。

だって傷ついて悲しんでいる時に「苦手な相手を受け入れる」なんてできることではないし、

それを伝えたら私まで厳しいって嫌われるしね…笑 だからこうして著書の権威性を使って伝えるという手法を取っているのです笑

だけどブログでは、知ってお得なことをちゃんと伝えるから、読んでもらえたら幸いです。

もちろん私だって、そんな難しいこと簡単には出来ません ^^;

苦手な人を受け入れるってキツいもんね

一緒にゆっくり成長していきましょう。

ということで、今日もご来店ありがとうございました。

私たちはたくさんの導いと共にあります。

店主のカウンセラーみかりんでした。またね♡

音声ラジオ「おしゃべり喫茶」では、こちらの記事を音声で聴くことができます♪ 

この記事を書いた人

カウンセラーみかりん